Anchovy life

主婦にも些細な贅沢を

MENU

【超簡単な保存食】たった5分!?自家製アンチョビの作り方(ナンプラーも作れます)

f:id:anchovyman:20191124220120j:image

1.アンチョビとは?

アンチョビは、カタクチイワシを塩漬けにしたもの。

塩辛いため、そのままではなく、パンやピザにのせたり、パスタやサラダ等の調味料として使ったりします。

 f:id:anchovyman:20191124221011j:image

ちなみに、カタクチイワシは下の写真のように群れでいます。群れに出会うと、誰でも簡単にサビキ釣りで何百匹と確保できます。

f:id:anchovyman:20191124220919j:image

 

2.アンチョビの作り方

 

①ビン、塩、カタクチイワシを用意。

ビンは事前に煮沸しておきましょう。頭や内臓、ウロコを丁寧にとる人もいます。スプーン等で身だけを漬ける方もいます。

f:id:anchovyman:20190916171330j:image

②イワシが見えなくなるくらい塩を投入。

細かいことは抜きにして、ワイルドに塩をかけていきます。

f:id:anchovyman:20190916171437j:image

今回は『時短重視』のため、イワシの頭だけ落として作ってみました。

f:id:anchovyman:20190916171548j:image

③仕込み終了。

すごく雑ですが、ここまででおよそ5分。あとは、暗い所に常温で置いておくだけです。

 

④3ヶ月後

f:id:anchovyman:20190916174806j:image

8月〜11月の間放置しました。発酵が進んでいます。

 

⑤ザルを使って中の液体を取り出す。

この液体がとても大切です。

f:id:anchovyman:20190916174947j:image

 

⑥この液体を濾す。

f:id:anchovyman:20190916174046j:image

キッチンペーパーで時間をかけて濾過。

これが魚醤(ナンプラー)です。美しい色と芳醇な香りに感動します。

 

⑦取り出したイワシにオリーブオイルを投入。

f:id:anchovyman:20190916175819j:image

私はニンニクと鷹の爪も入れます。この時点で、すでに良い香りがします。お好みの期間漬け込んで完成。

 

3.  まとめ

食べても、お腹が痛くなったり体調を崩したりすることもなく、感動的なおいしさに出会えました。しかし、チャレンジする際は自己責任でお願いします。お子様と一緒に作れば、食育や自由研究にもぴったりです。熟成や発酵の学習になります。

 

ちなみに、こんなお洒落な料理にも使えます。

クラッカー乗せ。

f:id:anchovyman:20191124223416j:image

揚げアンチョビ。

f:id:anchovyman:20191124223428j:image

自家製アンチョビを作ることをきっかけに自家製調味料作りを始めてみませんか?

 

www.jikaseianchovyman.work

 

 

www.jikaseianchovyman.work

 

 

www.jikaseianchovyman.work